スポンサード リンク

スポンサード リンク

プレゼンで大注目!Macのカーソルに合わせて自動的にハイライトされる「Mouseposé」

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
Mac app utilities Mousepose7



今回はMacのカーソル付近を自動的に明るくハイライトしてくれる「Mouseposé」をご紹介!

Macを使って大勢の人を相手にプレゼンテーションしているときに、マウスカーソル付近だけを明るくしてくれるので、オーディエンスにわかりやすくプレゼンの内容を伝えることができますよ!


MouseposéMouseposé
価格: ¥500(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ, 教育
App Storeで詳細を見る
App Storeでチェック!

使い方は簡単です。まず「システム環境設定」を表示して「F1,F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックを入れておきます。

ここにチェックを入れておくと、ファンクションキーから「Mouseposé」をオン/オフできるので操作性がアップしますよ。

Mac app utilities Mousepose6



あとは「Mouseposé」を起動したら、メニューバーにあるアイコンをクリックするか、F1などのファンクションキーを押すと「Mouseposé」がオンになるので、マウスカーソルを任意に対象に合わせるだけで、カーソル周辺だけをハイライトしてくれます。

Mac app utilities Mousepose2



こんな感じでプレゼンターの動きに合わせて、自動的にハイライトのズームイン&ズームアウトをアプリ側で勝手にやってくれるので手間がかからず便利なんです。

Mac app utilities Mousepose3



ちなみに「Keystrokes」機能をオンにすると、プレゼンターのキーボード上の操作もデスクトップ上に表示できるので、これまた便利!

Mac app utilities Mousepose4



現バージョン「Mouseposé」を使っていると、何となくアプリが落ちる頻度が高いので、環境設定にある「Mouse Clicks」の【Toggle】にある「With Mousepose Effect」をオンにしておくと、アプリが落ちにくいみたいです。前バージョンはあんまり落ちることなかったんですけどねー。たぶんすぐにアップデートで修正されると思います。

Mac app utilities Mousepose5



あとがき

あとがき


Macをプロジェクターにつないでプレゼンテーションやるときに「Mouseposé」を使えば、オーディエンスにMacの操作をわかりやすく伝えることができると思います。

さらに「Mouseposé」のエフェクト効果はかなりカッコイイので、他のプレゼンターと差別化できて「ちょっとあれすごくない?」とオーディエンスから注目を浴びることもできそうな感じがします。

ちょっと凄いプレゼンしたい方は是非チェックしてみてください!

MouseposéMouseposé
価格: ¥500(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ, 教育
App Storeで詳細を見る
App Storeでチェック!





スポンサード リンク