スポンサード リンク

スポンサード リンク

MacからiPhoneのバッテリー残量をチェックできる「iBetterCharge」が超便利!

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
Ibettercharge


今回はMacからiPhoneのバッテリー残量をチェックできる「iBetterCharge」をご紹介!同じWi-Fi通信下にあるMacとiPhoneであれば、いつでもMacからiPhoneのバッテリー残量をチェックできますよ!


iBetterCharge by Softorino Inc.


まずは設定方法から。iBetterCharge」を起動すると、こんなウィンドウが表示されるので「Start」をクリックします。
初期設定開始


つぎにMacとiPhoneをLightningケーブルで接続します。
MacとiPhoneをUSB接続


こんな感じで認識されればOK!続けて「Click to Start」をクリックしましょう!
アプリ認識


さらにMacのメニューバーにあるアイコンをクリックし「Preferences」をクリックします。
環境設定


「Notification」タブで、iPhoneのバッテリー残量が何パーセントまで減ったら通知センターで表示させるかを設定します。

バッテリー残量通知設定


ついでにMacとiPhoneをLightningケーブルで接続した際に、iTunesのWi-Fi同期が有効にしておきます。
iTunesのWi-Fi同期設定


あとはMacのメニューバーにあるアイコンをワンクリックすると、同じWi-Fi通信下にあるiPhoneのバッテリー残量がひと目でわかりますよ!

iPhoneバッテリー通知完了


あとがき

あとがき


このアプリがあれば、iPhoneを起動してバッテリー残量をチェックしなくても、Macから簡単に調べることができますよ!

また通知センターからも自動的に通知してくれるので、かなり便利なツールだと思います。興味のある方は是非チェックしてみてください!


スポンサード リンク