スポンサード リンク

スポンサード リンク

今すぐ導入したい!メモリ自動開放もできるMacのシステムモニター「StatsBar」

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
4mac app utilities statsbar



StatsBar - System MonitorStatsBar - System Monitor
価格: ¥350(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ開発ツール
App Storeで詳細を見る
App Storeでチェック!




ナント!メモリの自動開放もできる!



使い方はカンタンです。アプリを起動したらメニューバーのアイコンをクリックするだけでOK! 

CPU使用量やメモリ使用量、ネットワーク使用帯域・バッテリー残量などがひと目でわかります。ちなみに「Clean Memory」をクリックすると、手動でメモリ解放までできちゃいます!


1mac app utilities statsbar



「Setting」にある【Memory】では、メニューバーにメモリ残量をテキスト表示させる設定もあります。

さらに【Advanced Preferences】の「Auto Clean」にチェックを入れれば、メモリの自動開放もできちゃいます。
「Threshold Level」に任意の数字を入力すると、メモリがその数字を下回った時点で、メモリが自動開放されます。


3mac app utilities statsbar



このアプリはどんなMacにも入れておいても損はないくらい便利なシステムモニタリングツールです。興味のある方は是非お試しください。


StatsBar - System MonitorStatsBar - System Monitor
価格: ¥350(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ開発ツール
App Storeで詳細を見る
App Storeでチェック!



スポンサード リンク