スポンサード リンク

スポンサード リンク

Macのメニューバーからメモリを自動的に開放してくれる「FreeMemory Pro」

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
5mac app utilities freememory


Macで多くのアプリケーションを同時に使ったり、重たい処理をしているとメモリがどんどん食い尽くされて、Macの動作が遅くなることがあります。そんなときは一定のメモリが消費されると自動的に開放してくれる「FreeMemory Pro」を使うと便利です!


FreeMemory ProFreeMemory Pro
価格: ¥85(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化ユーティリティ
App Storeで詳細を見る
App Storeでチェック!




アプリを起動するだけで自動的にメモリ解放!



使い方はカンタンです。アプリを起動すると、Macのメニューバーに未使用のメモリ数値が表示されたアイコンが出ます。「FreeMemory」 をクリックすると手動でメモリを開放することができます。


1mac app utilities freememory



メモリ使用の内訳を確認したい時は「Usage Details」を選択します。ひと目でチェックできるのは便利です!


3mac app utilities freememory



自動的にメモリを開放するときは「Setting」→「Preferences」を選択します。


2mac app utilities freememory



【Advanced】にある「Warning level」でメモリ開放の基準値を設定します。設定後からMacのメモリ消費量が基準値を下回ると自動的に開放してくれます。ちなみにメニューバーに表示されるアイコンの種類やテキストの大きさは【Visuals】で変更できます。


4mac app utilities freememory



MacBook Airのようなメモリの小さいマシンで大活躍するアプリです!興味のある方は是非お試しください!


FreeMemory ProFreeMemory Pro
価格: ¥85(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化ユーティリティ
App Storeで詳細を見る
App Storeでチェック!



スポンサード リンク