スポンサード リンク

スポンサード リンク

Macのバッテリー駆動時間と寿命をのばすための7つのメンテナンス

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加

photo credit: westy48 via photopin cc



今回はMac、特にMacBookAirやMacBookProの内臓バッテリーの駆動時間と耐用年数を最大限に延ばす方法を、Appleが推奨している方法に沿ってご紹介します!


アップル - バッテリー - Appleのノートブックコンピュータ



1.購入後はじめてMacBookを使うときはフル充電で使うようにする。



Appleによると、購入後はじめてMacBookAirやMacBookProを使用するときは、必ずフル充電にして、ソフトウェアアップデートで最新のソフトウェアがインストールされているかを確認するよう推奨しています。ここのポイントは必ずチェックしておきましょう。




2.バッテリー駆動とMagSafe電源アダプタを交互に使う!



リチウム電池を正しく扱うには、バッテリー内の電子を動かしてあげることが大切です。MacBookAirやMacBookProのMagSafe電源アダプタを常時接続して使用することは控えましょう。


充電が完了したら、内蔵バッテリーでMacBookを使用し、ある程度バッテリー残量が減ったら、MagSafe電源アダプタで再度充電することで、バッテリー内部を最適化(常にバッテリー液が流動している状態)することができます。



3.MacBookシリーズは室温10〜35℃の場所で使おう!



12how to maintain macbook battery



Appleによると、ノートブックが最適に動作する温度は10〜35℃、保管場所は25〜45℃で保管することを推奨しています。

僕も以前、メチャクチャ寒い部屋に長時間放置したMacBookAirを充電しようとしたところ「充電できません」というメッセージが出たことがあります。

この現象はMacBookAirが壊れたのではなく、寒すぎて充電できないだけなので、暖かい部屋でMacBookAirを充電すれば問題なく使えるようになります。


寒い日に「充電できません」とMacBook Airに叱られたときの対処法 - iTea3.0




4.毎月最低1回はバッテリーをリフレッシュしよう!



Appleは内蔵バッテリーのパフォーマンスを最大限に引き出すには、月1回のバッテリー調整をすることを推奨しています。バッテリーの調整手順は以下の通りです。


1.MagSafe電源アダプタでフル充電する。
2.内蔵バッテリーを自動スリープになるまで使い果たす。
3.スリープになった状態を5時間以上持続させる。
4.MagSafe電源アダプタで再度フル充電する。


Apple Portables:コンピュータのバッテリーを調整して最適の状態にする




5.長期間保管する場合は50%充電した状態で!



MacBookAirやMacBookProを6ヶ月以上使用しない場合は、バッテリーを50%充電した状態で保管するようにしましょう。バッテリーがゼロの状態で保管すると、再充電できなくなる可能性もあるようです。

また逆に、フル充電した状態で長期間使用しないでいるとバッテリー容量が減り、バッテリーの耐用年数が短くなる可能性があるので気をつけましょう!





6.バッテリーの設定を見直そう!



10how to maintain macbook battery



バッテリー関連の設定を見直すことで、内蔵バッテリーの駆動時間を最大限に引き出すことができます。まず「省エネルギー」からいってみましょう。【システム環境設定】→【省エネルギー】の順に選択します。


3how to maintain macbook battery



【バッテリー】タブの「コンピュータのスリープ」と「ディスプレイのスリープ」の時間をなるべく短くすればOKです。またPower Napをオフにするとさらにバッテリーの消費を抑えることができます。


1how to maintain macbook battery



AppleによればPower Nap によって、バッテリーが完全に消耗することはないとのこと。バッテリーの充電が30%以下になると、Power Napの操作は、電源アダプタに接続されるまで一時停止する仕組みになっているようです。


Mountain Lion:Power Nap について


次に「ディスプレイの輝度」の設定を見直します。【システム環境設定】→【ディスプレイ】を選択します。


2how to maintain macbook battery



「輝度」のスライドバーを左方向へ調整し、快適な範囲でディスプレイを暗くします。


5how to maintain macbook battery



次はWi-Fiです。Wi-Fiも使用しない時はオフにするとバッテリー消費を抑えることができます。メニューバーからアイコンを選択し「Wi-Fiを切にする」を選択すればOKです。


6how to maintain macbook battery



Bluetoothも同様です。特に使用することがない場合はオフにすると良いでしょう。


7how to maintain macbook battery




7.使用していないアプリケーションや周辺機器を終了する。



11how to maintain macbook battery



最後に使用していないアプリや周辺機器を終了しておくことも大切なポイントです。ひとつひとつアプリを終了するのが手間な場合、とりあえず「Qall」で全てのアプリを終了させ、必要なアプリだけ起動するのも良いでしょう。


QaLL 2.1.0 (無料)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: sekn - Nobuatsu Sekine(サイズ: 0.6 MB)



MacBookAirユーザーにオススメ!複数起動したアプリを一瞬で全終了させる「QaLL」 - iTea3.0


またMacBookAirやMacBookProに接続したSuperDriveやThunderbolt、USB機器も使用していなければ外すようにします。そうすることで無駄なバッテリー消費を抑えることができます。


Macを頻繁に買い換えるユーザーはあまり気にしなくてもいいと思いますが、長期間同じMacを使用するユーザーはバッテリーの劣化に配慮して使うことも大切かと思います。以上のTipsで何かできそうなものがあれば参考にしてください。


よろしければこちらの記事「超便利!Macのバッテリーの劣化状態をカンタンに調べる方法 - iTea3.0」も参考にしてください!



スポンサード リンク