スポンサード リンク

スポンサード リンク

これだけはやっておきたい!OS X をアップデートする前後にやっておくべきメンテナンス

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
1diskutility001

今回はOSのアップデート前後にしておきたいMacのメンテナンスをご紹介!OS Xのアップデート前後には必ずディスクユーティリティーでのアクセス権修復を実施しておきましょう!

OS X アップデート前に1回、アップデート後に1回


Macを長期間使用していくと、アップデートにアップデートを重ねていくにつれて動作が遅くなったり、カーネルパニックを起こすことがあります。

そんな状態でOS Xをアップデートするとさらに悪循環にはまりやすいのですが、これらの現象の原因にはアクセス権が関係していることがあります。

定期的もしくOS Xのアップデート前に1回、アップデート後に1回は「ディスクのアクセス権の修復」を実行するようにしましょう。この方法を実行すると、動作の不具合を解決できるケースがあります。

やり方はカンタンです。下の画像のように「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」を選択し、ハードディスクのアイコンを選択して【ディスクのアクセス権の修復】をクリックします。

1diskutility002


新型Macの場合「アクセス権の修復」にかかる時間は短時間で、修復箇所も少ないことが多いです。

一方、古いMacはかなり時間がかかり、アクセス権の修復箇所も多い傾向があります。古いMacでアクセス権の修復をする場合、時間に余裕のある時にチェックしたほうが良いと思います。

あとがき

あとがき


いかがでしたでしょうか?アクセス権がらみの問題であれば「ディスクのアクセス権の修復」で解決できることが多いので、Macの動作が不安定だなと感じている方は参考にしてください。


スポンサード リンク