スポンサード リンク

スポンサード リンク

スクリーンキャプチャーからマインドマップ作成もOK!Chrome拡張機能「Quick MarkUp」

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
2012 09 02 0030



@torizoです。
今回はスクショを撮って注釈を入れたり、マインドマップも作成できるChrome拡張機能「Quick MarkUp」を紹介します。


この拡張機能があればMacがない環境でも、スクショを撮って注釈を入れたり、マインドマップを作ることもできるので、どんな環境にいてもブログを更新する環境を作ることができそうです。それではいってみましょう!






1.スクリーンショットを撮る方法



まずツールバーのアイコンをクリックし「選択した領域のスクリーンショット」を選択します。


1quickmarkup008





すると、こんな感じの画面になるので、マウスで任意の大きさに調整しましょう。Enterキーをワンクリックで、画像のスクリーンショットを超カンタンに撮ることができます。


2012 09 02 0112 2



スクショを撮ったらそのまま「保存」するか、「注釈を付ける」かを選ぶことができます。




2012 09 02 0720




注釈を入れる場合、下の画像のように、左側に注釈のツールバーが表示されるので、自由に注釈を追加しましょう。実際に使ってみると、かなり使いやすいですよ!


2012 09 02 0052







2.Webブラウザに表示されている部分(可視部分)のスクショを撮る方法



Chromeのツールバーにあるアイコンをクリックし「可視部分の選択」をクリックします。そうすると、ブラウザに表示されている部分の大きさに限定したスクショを撮ることができます。


1quickmarkup001



保存方法と注釈を入れる方法は1の方法と同じです。






3.Webページを丸ごとスクリーンキャプチャーする方法



2で紹介した方法はブラウザに表示された限定部分のスクショに注釈を入れる方法でしたが、Webページ丸ごとのスクショを撮って、注釈を入れることもできちゃいます!


下の画像のように「ページを選択」をクリックします。


1quickmarkup003



実はたったこれだけで、Webページ丸ごとを1枚のスクショとして撮ることができます!もちろんそのまま「保存」することもできますし、「注釈」を入れることも可能です。



1quickmarkup005








4.マインドマップを作る方法



高機能ではないですが、カンタンなマインドマップを作ることもできます。下の画像のように「マインドマップを作成します」を選択します。


1quickmarkup004



こんな感じの画面になったら、好きなテーマを選びましょう。Macの場合【Enter】キーでトピックを追加し、【Tab】キーでサブトピックを追加することができます。


高機能ではないですが、カンタンなマインドマップを作る程度であれば、これで充分だと思います。


1quickmarkup006




いかがでしたでしょうか?個人的には注釈ツールは「Skitch」、スクショツールは「Jing」を愛用していますが、Macが使えない時にPC環境で注釈やスクショを撮るときなんかに、この拡張機能は重宝するかなと思っています。興味のある方は是非お試しください。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。



1quickmarkuprss




スポンサード リンク