スポンサード リンク

スポンサード リンク

Mountain Lion にQuickTime Player 7 Pro をインストールする方法

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
Quicktime7protop



知人の動画編集を頼まれることが多い@torizoです。
動画編集ツールのひとつとして「QuickTime Player 7 Pro」(有料)を今まで愛用してきましたが、OSをMountain Lionにアップグレードして以来、普通に使用するかどうかチェックしていませんでした。


今回はMountain LionでQuickTime Player 7 Proをインストールする方法と使用法を紹介したいと思います。




QuickTime Player 7 Pro はMountain Lion でも使える!



結論から云うと、Mountain Lionでも「QuickTime Player 7 Pro」は使用することができるようです。ちょっと安心しました。


Snow Leopard以降のバージョン(Ver.7.7.6)をインストールすることで、通常使用ができるようです。インストールはこちらからできます。


インストールしたら「QuickTime Player 7」→「ユーザ登録」を選択します。






あとは「名前」と「登録コード」を入力すればPro版として使用できるようになります。





【購入先リンク】

QuickTime 7 Pro for Mac OS X - Apple Store (Japan)




かゆいところに手が届く!動画編集に役立つ機能が満載!



「QuickTime Player 7 Pro」の使い道として、僕がもっともオススメするのが.WMVファイルへの書き出し機能です。


正直この機能のために「QuickTime Player 7 Pro」を買ったといっても過言ではありません。この機能があるとMacで製作した動画を、PC環境でも快適に鑑賞することができます。



意外に.WMVファイルへの書き出しがまともにできるアプリが少ないんですが、Macで使えて比較的低価格なアプリは「QuickTime Player 7 Pro」ぐらいかなと思います。



使い方はカンタンです。まず動画のファイルを開いた状態で【ファイル】→【書き出す】を選択します。


2012 09 03 0023



次に「ムービーからWindows Media」を選択すれば.WMVファイルへの書き出しが可能となります。


2012 09 03 0011



僕のケースだと、以前Macで作った動画を職場の古いPCで再生しなければならない場面があって、ファイルサイズの大きい.MOVを古いPCで再生すると処理が重くなって途中で動画再生が止まったりすることがありましたが、


.WMVファイルへの書き出しておけば古いPCでも比較的快適に動画を再生することができました!動画編集をするなら持っておいて損はないアプリなので、興味のある方は是非お試しいただければと思います。



初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。


1quicktime7prorss



スポンサード リンク