スポンサード リンク

スポンサード リンク

Macの神スクリーンキャプチャアプリ「Skitch」で出来る普通のキャプチャではない機能まとめ

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加





どうも、初心者マカーの備忘録というブログを主催しております、てとこん(@tetokon)と申します。


普段はMacの事、iPhoneの事、音楽のこと、地元沖縄の事などを書いております。


今回はご縁があって@torizoさんのブログに寄稿させていただく事となりましたが、私のブログの方にも遊びに来てRSS登録などして頂ければ幸いです。





初心者マカーの備忘録






さて、Macユーザーでブログ書いてる方なら殆どの人が使っているであろう神アプリ「Skitch」ですが、画面をキャプチャして文字を追加するという使い方をしている方がほとんどだと思います。


実は他にも色々できる「Skitch」。
今回はそれ以外にどんな事ができるのかをまとめて見ました。





トリミング



キャプチャを撮るだけじゃなくてトリミングもできます。






試しに私のブログの自己紹介部分だけを切り抜いてみました。







カウントダウンキャプチャ




shiftキーを押しながらキャプチャをすると、3秒前からカウントダウンをしてくれます。
画像は残り1秒の時です。








画像に影をつける











キャプチャした画像を反転




正直いつ使うかはわかりません…
裏側から見たい時に。









Skitch自体をキャプチャ





Skitch自身をキャプチャ出来るのでSkitchの説明をブログに書く時なんかに使えるかもしれません。
実際この記事を書いてる間に何回も使いました。






Skitchの中にSkitchが!







やり過ぎると大変なことになります。
程々にしておきましよう。






90度回転




回ります。回せます。











Macのカメラからのキャプチャ




実はMacのカメラからのキャプチャもできるのです。
ただピントを合わせるのが難しいので小さいものを撮ったりするのには向かないかもしれません。






撮るものが無かったのでその場にあった自分の名刺を撮ってみました。
う〜んもともと近くのものを撮るためのカメラではないのでピントが合いません…
部屋の中の写真を撮ったりする場合には良いかもしれませんね。







Webページまるごとコピー




ChromeのアドレスバーからSkitchにアドレスをドラッグするとそのアドレスのページをまるまるコピーしてくれます。


(コピー&ペーストでもOK)
Webページをまるまる画像で保存したい時にどうぞ。






こんな感じでページごとまるまる取得できます(長いので画像は小さくしてあります)。










いかかでしたでしょうか?
全てご存知でしたか??


あなたが知らない機能が一つでもあったなら幸いです。






スポンサード リンク