スポンサード リンク

スポンサード リンク

初めてMacを買い換える時のこれだけは絶対知っておきたい7つのポイント

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
 
photo credit: Christopher Chan via photopin cc





こんにちは!@torizoです。
Appleから新製品の発表なんかがあって、新しいMacに買い換えた時、古くなったMacをどのように扱っていますか?




特に中古Macを手放す時は、バックアップや個人情報をしっかり扱わないと、あとで痛い目に遭うこともあるかもしれません。




中古Macを知人に譲ったり、売却したりする時など、中古Macを手放すときにに最低限知っておいてほしいポイントを紹介したいと思います。




Macを買い換える時の参考にしていただければ嬉しいです。







1.バックアップをとっておこう


photo credit: splorp via photopin cc


まず基本中の基本となるのが「バックアップ」です。新しいMacに乗り換える前に、必ず中古Macのバックアップをとっておきましょう!




「TimeMachine」のバックアップはもちろんのこと、それとは別に外付けハードディスクを用意してバックアップをとることをオススメします。




というのも、TimeMachineを使わずに新品Macの環境をつくりたいときもあるからなんです。




僕の場合、新品Macを買った時に「TimeMachine」で中古Macの環境を移行することは絶対にしません。




「TimeMachine」はとてもカンタンに環境を移行できるので便利なんですが、中古Macが調子が悪かったり不具合があったりすることがあって、それをそのまま新品Macに移行すると、思わぬところで新品Macの調子が悪くなったりすることもあります。




したがって、ちょっと手間はかかるんですが、後々のことを考えて、別の外付けディスクにバックアップした音楽・動画・ドキュメントを手動でインストールするようにしています。




たくさんの容量がなければバックアップファイルをDropboxに置いて、そこから同期させる方法もオススメです!





2.ココだけは外せない!忘れちゃいけないバックアップとは?


photo credit: emdot via photopin cc


新品Macに買い換える時に、忘れちゃいけないバックアップがあります。それはパスワード関係のデータです。


これがないと新品Macに移行したあとで、Webサイトにログインできなくなったりして、色々と困ってしまいます。




1Passwordユーザーなら、カンタンにバックアップ作成できるので、忘れずにやっておきましょう!









1Password 3.9.5 (¥3,450)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Agilebits Inc. - Agilebits Inc.(サイズ: 9.5 MB)
全てのバージョンの評価: (85件の評価)





ちなみに、iTunesで購入した音楽については「iTunes in the Cloud」の登場により、再ダウンロードできるようになりました。




手動でバックアップを取る必要がなくなったので、これはありがたいですね!「iTunes」のストアの右サイドバーにある「購入済み」から再ダウンロードすることができますよ!




3.Evernoteに今まで使ってきたMacアプリやプラグインのリストを作っておこう!



photo credit: joe.ross via photopin cc


Evernoteに今まで使ってきたMacアプリやプラグインの名前をメモしておくと便利です。あとで『そういえば、何のアプリ入れてたかな?』と思い出す時間を節約できます。




メモするのが面倒な場合、Finderで「アプリケーション」をリスト表示させてスクリーンキャプチャーした画像をEvernoteに保存すると楽チンですよ!








4.意外な盲点!iTunes認証解除!





意外な忘れやすいのが「iTunes」の認証解除の作業です。これも必ずやっておきましょう!




iTunesの「Store」から「このコンピュータの認証を解除」を選択すればOKです!




 




余談になりますが、iTunesの認証解除に限らず、その他のアプリの認証解除が必要な場合は、事前にやっておきましょう!


たとえばintego社の「ウイルスバリア」シリーズは、中古Macを初期化する前に認証解除しておく必要があります。これ忘れると後でサポートにメールして認証解除をお願いしなくてはならないのです。




今、自分がインストールしているMacアプリの中で、事前に認証解除が必要なアプリがないかどうか、必ずチェックしておきましょう!




5.AppleCareを解約しよう!




AppleCareに加入している場合は、買い換え前に必ず解約しておきましょう!中古Macが保証期間中であれば、加入期間に応じたお金が戻ってきます。




手続きの際に必要になるのが「購入証明書」です。いわゆる領収書(レシート的なもの)です。これがないと手続きできないので、AppleCareを購入した時のレシートは捨てないで大切に保管しておきましょう!




【参考情報】




AppleCare 契約の返金手続き
解約の手続き方法についてはこちらを参考に!




アップル製品の購入後に保存しておいていただきたい大切な書類
これがないと完全にアウトなので、絶対にレシートは捨てないで('A`)





6.ハードディスクの初期化を忘れずに!


photo credit: Markusram via photopin cc


中古Macを手放すときに、絶対に忘れてはいけないのがハードディスクの初期化です。


友人・知人に譲るときや、中古Macを買い取ってもらう時に自分のデータがそのまま入っていたら、もう大変なコトになっちゃいます!個人情報は絶対に残してはいけません。




Macの初期化の方法は「ディスクユーティリティ」→「消去」→「セキュリティオプション」を選択します。




次に【確実な消去オプション】で4つの選択肢が提示されますが、「データをゼロ消去」「7回消去」「35回消去」の3つの中から選択すると良いでしょう。




消去回数が多ければ多いほど、情報漏洩のリスクは低くなりますが、その分、初期化にかかる時間がメチャクチャ増えます。




どの消去方法が良いかは断言できませんが、「確実な消去オプション」で「データを消去しない」以外のものを選ぶようにしましょう!




【参考記事】


Macのハードディスクからデータを完全消去する方法 / Inforati
復元できないように個人情報を消去しましょう!





7.中古Macを売却する方法


中古Macを売却したい場合、Mac専門店に買い取ってもらう方法、Apple Storeの下取りサービスに出す方法、ヤフオクなどのオークションで売却する方法などがあります。






【Mac専門店に売却する場合】


Mac専門店で売却する場合は、そのショップのWebサイトで、どれくらいの価格で売却できるか価格表が載っていることが多いので、それをチェックしましょう!




ちなみにMacのメモリなどをカスタマイズしている場合は、Mac購入時の状態の戻しておかないと、減額の対象になる可能性が高いので、必ず購入時の状態に戻しておきましょう。


秋葉館サポートセンター 買取窓口
事前に買取価格を調べることができます。






【Apple Storeの下取りサービス経由で売却する場合】


Apple Storeの下取りサービス経由で、ソフマップに売却する方法があります。キャンペーン期間中に申し込むと通常の買取価格の15%アップで売ることができます。


Apple Store 下取サービス
キャンペーン中に、Apple Storeの下取りサービス経由でソフマップに売却すると15%下取り価格がアップする。




【オークションで売却する場合】



ヤフオクなどのオークションでMacを売却することもできます。オークションで売却する場合は、トラブルのないように充分気をつけましょう!以下の関連記事を参考にしてください。



【関連記事】


【出品編】Macユーザーのためのヤフオク入門 vol.1

【ツール編】Macユーザーのためのヤフオク入門 vol.2

【配送編】Macユーザーのためのヤフオク入門 vol.3

【取引編】Macユーザーのためのヤフオク入門 vol.4






いかがでしたでしょうか?ここに記載したのは本当に必要最低限のものになりますが、新品Macに買い換える時には、余裕をもって事前に準備をしておかないと後で色々と困ることが多いです。




後で取り返しのつかない状態になる前に、事前にしっかりと準備しておきましょう。




初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。




スポンサード リンク