スポンサード リンク

スポンサード リンク

【皮膚科】足の裏にホクロを見つけてしまった時の対処法

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
photo credit: wilding.andrew via photopin cc



@torizoです。
いつもMacやiPhoneのアプリのことばかり書いているので、メディカルネタを書いてみようと思います。




タイトル通りなんですが、足の裏にホクロを見つけて病院に行った時の話です。




「足の裏にホクロ」ができたから何だっていうんだ?って感じだと思うのですが、実は「足の裏のホクロ」はあまり馬鹿にできないものらしいのです。




「足の裏のホクロ」は10万人に1.5〜2人の割合で「悪性黒色腫(メラノーマ)」と呼ばれる「皮膚のがん」であることがあり、症状が進行すると各臓器へ転移して、最悪の場合は死に至るケースがあることを知りました。








約2年前、僕は自分の足の裏にホクロがあるのを見つけてしまいました。






【参考情報】


悪性黒色腫(Wikipedia)
悪性黒色腫(国立がん研究センターがん対策情報センター)






【足の裏にホクロがあっても慌てずに!自己判断せずに必ず専門医に診てもらいましょう!】


photo credit: clevercupcakes via photopin cc


ネットで「悪性黒色腫(メラノーマ)」のことを調べると、とても怖い病気であることを知りました。




『もしかしたら、もう死ぬかもしれない』
そんなネガティブな思考がグルグル頭を駆け巡りました。




そんな不安を抱きながら、Wikipediaや医学書などで悪性黒色腫(メラノーマ)の特徴を調べてみると、こんな特徴がありました。




  • いびつな形
  • 境界不明瞭
  • 色調不均一
  • 長径6mm以上




僕は自分の足の裏にできたホクロを見てみましたが、比較的小さくて均一な形状ではあるものの、その他の特徴については『当てはまるような…』でも『当てはまらないような…』結局、自分では判断することができませんでした。






【信頼できる皮膚科の専門医をネットで探しまくった】




『どこの皮膚科に行くべきか?』
僕は、評判の良い信頼できそうなドクターを色々と調べてみました。




調べるまでにかなり時間がかかりましたが、自分は口コミで評判の良い東京都杉並区にある「さとう皮膚科 さとう皮膚科 sato hifuka」へ足を運びました。


*あくまでも私の個人的判断で利用した病院です。病院選びは各自の責任と判断でお願い致します


この病院では、悪性黒色腫の診断にダーモスコピー(悪性かどうか判断できる専門機器)を使用されているとのこと。これも選んだ決め手になりました。




診察を受けると結果は「良性」でした。先生の説明はとても丁寧で安心のできるものでした。その後の経過も問題なく落ち着いています。




もし、たとえ悪性であっても早期発見であれば外科的手術により治癒する可能性もあります。どちらにしても足のホクロを見つけたら、なるべく早く専門医に診てもらうことが大切です。






【まとめ】



  • 足の裏のホクロを見つけたら慌てず皮膚科の専門医に診てもらいましょう。




  • 足の裏のホクロを見つけたからといって全てが悪性ではないことに注意しましょう。発症の割合は10万人に1.5〜2人です。




  • 大学病院に行くのもひとつの選択肢ですが、個人的には個人の病院でも良いと思います。ダーモスコピーを扱っている病院を選ぶのがポイントです。




  • どこの病院を選んで良いかわからない時は、病院クチコミサイトや書籍で調べてみましょう!近いうちに病院の選び方についての記事も書けたらいいなーと思っています。





あくまでも個人的な見解になりますので、どうか参考程度に。実際の病院選びの責任は負いかねますので、各自の責任と判断で行って下さい。




初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。




スポンサード リンク