スポンサード リンク

スポンサード リンク

Chromeで「応答なし」と表示された時に確認しておきたいたった1つのこと。

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加




@torizoです。
Google Chromeでネットサーフィンをしていたり、ブログを書いているときに、急に動作が重くなり「ページ応答なし」になることがありました。




その現象に遭うたびに『なぜ?』とずっと悩んでいましたが、たぶんコイツが原因らしいことが判明したので、備忘録として残しておきたいと思います。






【原因はたぶんウイルスバリア X6のリアルタイムスキャナ】






自分はMacのセキュリティアプリとして「ウイルスバリア X6」をインストールしています。




このアプリの設定で「リアルタイムスキャナ」をONにしているのですが、






この設定をOFFにした途端、まるで今までの現象が嘘だったかのように「応答なし」現象が解決してしまいました。




おそらく「ウイルスバリアX6」の設定に原因があった可能性があると思っています。




「ウイルスバリア X6」を導入していて、急にChromeが「応答なし」になった時は、まずリアルタイムスキャナのON/OFFだけは確認しておきましょう




もしかすると「ページ応答なし」のトラブルを回避できるかもしれません。




初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。






スポンサード リンク