スポンサード リンク

スポンサード リンク

朝の電車通勤をストレスフリーにするための7つの戦略

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加

photo credit: Jamaalism via photopin cc




こんにちは!毎朝、会社まで電車通勤をしている@torizoです。


みなさんは、快適な通勤ライフを過ごしていますか?
朝の電車通勤でギューギュー詰めに押しつぶされてヘトヘトに疲れ切っていませんか?


毎日の通勤がストレスになってしまうと、メンタルや仕事の調子も狂ってしまうかもしれません。また翌朝になると『また電車に乗るのか〜('A`)」と出勤すること自体が嫌になってしまうかもしれません。


そこで電車通勤をしている方に、ストレスの少ない通勤ライフを送っていただくためのTipsをまとめてみました。少しでも参考にしていただけると嬉しいです。






【戦略1. 当駅始発電車をチェック!これがあれば座って通勤できる!】


photo credit: Tasayu Tasnaphun via photopin cc




電車通勤でいちばんストレスになるのは、満席の電車内で立ったまま、ギューギューに詰めに押しつぶされてしまうこと。カラダもココロも大きなダメージを負ってしまいます。


そんな悲劇を回避するために、当駅始発(最寄り駅始発)の電車があるかどうかチェックしましょう!


もし当駅始発があれば、ラッシュアワーでも座って通勤することができます。


当駅始発の有無をチェックするには「始発駅検索ネット 始発駅検索ネット 始発駅で電車に座る〜座れる始発駅・当駅始発電車の検索」が便利です。このサイトで当駅始発電車がないかどうかすぐに調べることができます。


【参考リンク】

始発駅検索ネット 始発駅検索ネット 始発駅で電車に座る〜座れる始発駅・当駅始発電車の検索





【戦略2. 電車の運行状況をリアルタイムでチェックしたい時に役立つリンク集】



photo credit: ER24 EMS (Pty) Ltd. via photopin cc


急な悪天候や車両トラブル、人身事故で電車のダイヤが狂うことはよくあります。そんな時のために運行情報を掲載しているサイトをブックマークしておきましょう!


運行情報をスピーディーに把握することで『このまま電車内で待機すべきか?』『路線を変えて行くか?』『徒歩やタクシーを使うか?』など冷静に対策を検討することができます。




【参考リンク】


運行情報サイト更新状況 - 鉄道コム 運行情報サイト更新状況 - 鉄道コム


ジョルダンライブ!|ジョルダン ジョルダンライブ!|ジョルダン


駅探 運行情報


運行情報:各線運行情報|東京メトロ 運行情報:各線運行情報|東京メトロ


小田急電鉄 - 列車運行情報サービス 小田急電鉄 - 列車運行情報サービス





【戦略3. 寿司詰めになった車内で快適に音楽を聴くには?】



photo credit: nodoca via photopin cc

満員電車の中で立って揺られていると、iPodを手に取って自由に操作することは難しいでしょう。そんな時に役立つのが「Apple Earphones with Remote and Mic」です。


このイヤホンには右側のイヤーピース部分に細いコントローラーがついていて「再生/一時停止/早送り/巻き戻し」「音量の+/−」操作ができます。






このイヤホンがあると、iPodをポケットから取り出さなくても、首元のコントローラーを手でつまんで操作することができるので、満員電車でも快適に音楽を聴くことができます。









【戦略4. 電車の乗り継ぎをスムーズにするための定期券ホルダー】




改札口を通過するたびに立ち止まって、定期券をサイフやポケットから出し入れするのはとても面倒です。そんな時は定期券をカードホルダーに入れ、カバンにぶら下げておきましょう。






そうしておくと、改札口を通過する直前にカバンにぶら下げたカードホルダーを引っ張りだして、改札口の読み取り装置にあてるとスムーズに通過することができて便利です。








【戦略5. 遅刻してしまった時に必要な遅延証明書をすばやくGetしよう!】



photo credit: RobeRt Vega via photopin cc



天候不良や車両トラブル、人身事故により、車内で閉じ込められてしまうこともあるかもしれません。出社後に遅延証明書を提出する必要がある場合、鉄道各社の「遅延証明書」のブクマを保存しておくと便利です。


以下に東京都内の主要路線の「遅延証明書」のリンクを紹介します。


*「遅延証明書」のページにリンクが禁止されている会社については、トップページのリンクを紹介しています。「遅延証明書」へのアクセスは、以下のサムネイルの注釈を参考にしてください。


【参考リンク】


JR東日本:遅延証明書 JR東日本:遅延証明書


東京都交通局:遅延証明書 遅延証明書 | 東京都交通局


東武鉄道:遅延証明書 遅延証明書|東武鉄道


つくばエクスプレス:遅延証明書 遅延証明書 - TSUKUBA EXPRESS|つくばエクスプレス


トップページから下の画像のように「遅延証明書の発行」部分をクリックすると表示されます。




小田急電鉄:遅延証明書発行 遅延証明書発行


東京急行電鉄株式会社:遅延証明書 東京急行電鉄株式会社


西武鉄道 西武鉄道ホームページ

トップページにアクセスし「運行情報」欄の「遅延証明書」をクリックします。



京王グループ:遅延証明書 遅延証明書 |京王グループ


京成電鉄 京成電鉄
トップページから「遅延証明書」をクリックします。


相鉄グループ:遅延証明書 遅延証明書一覧 - 相鉄グループ


京急電鉄 京急電鉄オフィシャルサイト KEIKYU WEB
トップページの真ん中あたりにある「遅延証明書」をクリックします!


ゆりかもめ:遅延証明書 遅延証明書発行 -株式会社ゆりかもめ-






【戦略6. iPhoneとネットプリントを連携させて遅延証明書を印刷する方法】



photo credit: SimonQ錫濛譙 via photopin cc


会社で遅延証明書をプリントアウトする時間がない、もしくは印刷できない場合もあるかもしれません。そんな時はiPhoneとiPhoneアプリの「netprint」があればセブンイレブンで遅延証明書を印刷することができます!



方法はカンタンです。遅延証明書を発行している鉄道会社のWebサイト(戦略5の参考リンクを参照)に、iPhoneの「Safari」でアクセスします。



次にそのページのURLをコピーします。



iPhoneアプリの「netprint」を起動します。




App

価格:0
ジャンル:ビジネス




「ウェブページをプリント」を選択します。





次に「+」をタップし、さきほど遅延証明書のページでコピーしたURLをペーストします。最後に「送信」をタップ!



「アップロードしますか?」で「はい」を選択します。



「設定対象一覧」で予約番号タイプや暗証番号の設定などを任意で行い「決定」をタップします。




プリント予約番号を発行すると設定は終了です。



最後に「予約番号一覧」にきちんと登録されているかチェックしましょう!一覧にプリント予約番号が出ていたらOKです!



ちなみに上の画像の青枠の矢印をタップすると、アップロードしたファイルの中身を確認することができます。


下の画像をみると、ちゃんとアップロードされているのがわかります。あとはセブンイレブンでプリントアウトすればOKです!







【戦略7. Flash入りの遅延証明書もiPhoneで攻略する】



例外的に東武鉄道などのWebサイトでは、遅延証明書を閲覧するのに「Adobe Flash Player」が必要な時があります。Flashが使われている遅延証明書の場合、iPhoneの「Safari」で見ることができません。




そんな時は「Puffin Web Browser」でアクセスすれば、問題なく遅延証明書のWebページにアクセスすることが可能です。


App

価格:85
ジャンル:ユーティリティ





アクセスしたら、iPhoneの「ホームボタン」+「スリープボタン」の同時押しでスクリーンキャプチャーを撮ります。








次に「Photogene」を起動し、遅延証明書とは関係のない余白部分を切り取ってしまいましょう!





App

価格:85
ジャンル:写真/ビデオ



「Photogene」にキャプチャーした画像を読み込ませて「Crop」をタップします。




遅延証明書とは関係な余白は切り取ってしまいましょう!





切り取った画像は、カメラロールに保存します。




最後に「netprint」を起動して「写真をプリント」から、先程保存した画像を選んでアップロードします。その後の手順は【戦略6】と同じ手順で印刷します。







【まとめ】

毎日の通勤ラッシュでヘトヘトに疲れてしまうと、肝心の仕事に集中できなくなってしまうかもしれません。また毎日の通勤は予期せぬ事故やトラブルがつきものです。


メンドクサイ通勤生活も事前の準備とちょっとした工夫で、ストレスを減らすことができます。少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。




スポンサード リンク