スポンサード リンク

スポンサード リンク

勉強会で疲れた聴衆を居眠りさせたくないときは「Slide Runner」を使おう!

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加

photo credit: thejbird via photopin cc



@torizoです。
時々、職場で勉強会をすることがあります。


勉強会は勤務後にやるため、参加者は既にクタクタに疲れていて、眠そうにしていることが多いです。


また、参加者たちは疲れ切った表情で『あとどれくらいの時間で、勉強会は終わるんだろう?』と時間ばっかり気にしています。


こんなとき、参加者たちのザワついた心を落ち着かせ、安心してプレゼンに集中してもらうために「Slide Runner」を使いましょう!





App

価格:85
ジャンル:仕事効率化



このアプリを使えば、Keynoteのスライドの下で「Slide Runner」が走りながらプレゼンの進行状況を表示し、『あとどれくらいの時間でプレゼンが終わるか』を参加者に教えることができます。






【Keynoteにランナーをスタンバイさせよう!】




では、早速使い方から。
「Slide Runner」をインストールしたら「add animation to keynote file」をクリックし、任意のKeynoteファイルを選びます。








あとはKeynoteの最下段に、自動的にランナーを追加してくれるので、Keynoteの「再生」でランナーの表示をチェックするだけでOK!カンタンにできちゃいます。








【Keynoteをランナーが駆け抜ける!】


実際のKeynoteファイルで、ランナーがどのように表示されるのかご紹介しましょう。7枚のスライドの最下段に小さなランナーがいるので、注意深く見てください(´∀`)






<スライド1枚目>


少し小さくて見にくいですが、黄色の矢印のところにウォーミングアップ中のランナーがいます。








<スライド2枚目>


ランナーはまだ走り出したばかり。まだまだプレゼンは終わりません。





<スライド3枚目>


ランナーはまだ全体の半分にも達していません。




<スライド4枚目>



ランナーがようやくプレゼンの半分を通過しました。





<スライド5枚目>


プレゼンも後半戦に突入しました。勉強会の参加者たちも『あともう少しで終わりそうだ』と、きっと眠気をこらえてくれるでしょう!








<スライド6枚目>


ついに終盤戦。あともう少しでプレゼンが終わりそうです!
頑張れランナー!






<スライド7枚目>


ついに感動のゴール!
もしかすると、勉強会の参加者たちは、プレゼンの内容よりもランナーの走る姿に集中しちゃうかも?






きっとこのアプリがあれば、多少眠くても、参加者に集中してプレゼンを聴いてくれるかもしれません(´∀`)興味のある方は是非、お試しを!




初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。




スポンサード リンク