スポンサード リンク

スポンサード リンク

寒い日に「充電できません」とMacBook Airに叱られたときの対処法

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
photo credit: randomix via photopin cc


@torizoです。
寒い日の夜に、MacBookAirを充電すると「充電できません」と叱られてしまいました('A`)





リチウムイオンバッテリーの性質上、冷え切ったMacBookAirを充電するのは難しいときがあるようです。


Appleのノートコンピュータ」を見ると、気温10℃以上での使用を推奨しています。




冬の厳しい寒さで冷え切ったMacBookAirは、すぐに10℃以下になることもありますから、原因はきっとこれだったのでしょう!



充電させるためには室温10℃以上を保ちましょう!




photo credit: Shutter Daddy via photopin cc


対処砲はカンタンです。冷え切った室温を10℃以上にしてから充電しましょう!




部屋が少し暖かくなり、MacBookAirの筐体の温度が少しずつ上昇してくると、そのうちフツーに充電できるようになります。




寒い環境でMacBookAirを使う方は、どうぞ参考に!




初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。






スポンサード リンク