スポンサード リンク

スポンサード リンク

初心者でもできる!ターミナルやFinderを使わずにMacの隠しファイルをカンタンに表示させる方法

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加


@torizoです。
時々、Macのライブラリや隠しファイル(システムファイル)をいじくる時があります。

慣れていない人にとっては、ターミナルでコマンドを打ったり、FInderの「移動」からパスを入力するのは面倒です。

こんな時は「Total Finder」を使いましょう!カンタンに隠しファイル(システムファイル)を表示させることができます!


TotalFinder brings tabs to your native Finder and more!



この方法は、ターミナルを操作してカーネルパニックになったトラウマがあったり、ターミナルを時々しか使わない初心者の方にオススメです。

このアプリがあれば、Macのメニューバーからワンクリックだけで隠しファイル(システムファイル)のON/OFFがカンタンにできますよ!



ワンクリックだけで安全に隠しファイルの設定ができる!



設定はカンタンです。「TotalFinder」をインストールして、Finderの「環境設定」から「調整」を選択し、「システムファイルを表示」にチェックを入れるだけです。




たったこれだけの操作で隠しファイル(システムファイル)のON/OFFがスピーディーにできちゃいます(´∀`)





Finderのタブ化で最強Macにカスタマイズできる!



TotalFinderは隠しファイルのON/OFFだけに使うのはもったいないです。実はこのアプリ、Finderのウィンドウをタブ化できる優等生なんです。

しかもFinderのタブ間内でファイルをドラッグ&ドロップすれば、カンタンに移動することができます。これは便利!




このアプリはシェアウェアですが、Macユーザーは買って損はないアプリだと思います。興味のある方は、どうぞ参考に!


TotalFinder brings tabs to your native Finder and more!


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。





スポンサード リンク