スポンサード リンク

スポンサード リンク

多機能メールクライアント「Sparrow」が神アップデートでDropboxに対応!

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加

 
【Ver1.5で待望のDropbox対応】


 



 
@torizoです。
多機能メールクライアント「Sparrow」Ver.1.5がリリースされました。今回のアップデートで遂に待望の「Dropbox」への添付ファイル機能が追加されました。



 これでさらに「Sparrow」の使い勝手が良くなりましたよ!





【ドラッグ & ドロップで簡単にファイル添付できる!】



 では早速、アップデートの内容をみていきましょう!
 「Sparrow」をVer1.5へアップデートしたら「環境設定」→「サービス」へ進み「Dropbox」を選択します。






次に「Dropbox」へのログイン画面が表示されるので、メルアドとパスワードを入力します。







そして「Sparrow」と「Dropbox」の接続を「許可」します。







最後に「Sparrow」の「環境設定」へ戻り、「Dropboxを使ってファイルを添付」にチェックを入れればOKです。







【メールにファイルを添付する時のコツは?】




実際に「Sparrow」でファイルを添付する時は、以下の画像のようにドラッグ & ドロップする場所によって、添付方法を使い分けることができます。



水色の枠内にファイルをドラッグ&ドロップすると、ファイルはDropboxに送信されます。



Dropboxを使わずに、通常のメールにファイルを添付したい時は、下の赤枠部分にファイルをドラッグ&ドロップすればOKです。






通常のメール添付の場合、「command」を押しながら、メール内にファイルをドラッグ&ドロップしても、Dropboxを介さないで添付することができますよ!






Sparrowユーザーの方は、是非お試しを!




【関連情報】









スポンサード リンク