スポンサード リンク

スポンサード リンク

【小ネタ】iPhone 4S がなくても使えるChome App版「Siri 」にド肝を抜かれた!

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加





@torizoです。
さきほど、このエントリーを書いているとき、下書き保存しようとしたら、間違えて未完成のまま公開してしまいました。




見苦しい内容のままRSSフィードを飛ばしてしまい、読者のみなさまにご迷惑をおかけしました。心からお詫びいたします。




さて、iPhone 4Sに搭載された音声認識システム「Siri 」のChrome App版があったのを知っていますか?




たまたまChrome Web Storeを徘徊していたら「Siri」があったので、試してみました。




当然、このChrome AppはApple社「Siri」のフェイクだと思うんですが、フェイクっぽい割には、全然英語ができない僕の言葉もかなりの割合で認識してくれるんですよ!




これがあればiPhone 4S を持っていなくても、Chrome App上でフェイクな「Siri 」とお話できます!




【 実際にSiri? と会話してみた】






フェイクな「Siri」はキーボード入力と音声入力の両方に対応しているようです。




「Siri」を起動するには、アイコンを1回クリックします。
すると音声入力バーが表示されます。




音声入力する時は、小さなマイクのアイコンを1回クリックすると、マイクが赤色に変わります。「お話ください」というメッセージが出たら「Siri」に話しかけてみましょう!










【Siriに「Steve jobs」と言ってみた】




試しに「Siri」に「Steve Jobs」と話しかけてみました。
すると、こんな返答が!






「Siri」は、Steve Jobs氏の歴史をコンパクトに表示してくれました!スゲ━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━!!!!




【Siriに「How are you ?」と話しかけてみた】


今度は「Siri」に「How are you ?」とご機嫌をたずねてみました。すると「Siri」の返答は?








おおっ!ちゃんと反応してくれています(ちなみにこの「Siri」は画面上の反応だけで、声は出してくれません)




恥ずかしながら、自分はまったく英語が話せないので、この「Siri」の音声認識能力がどれほどのものかについては、検証できませんでした(´∀`)




でも、本家 iPhone 4Sの「Siri」にまったく相手にしてもらえなかったトラウマを少しだけ癒やされたような気がします。




初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。









スポンサード リンク