スポンサード リンク

スポンサード リンク

ブログ更新がラクになる!スクリーンショットの保存場所をDropboxに変更する2つの方法

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加





Macのスクリーンショットは、デスクトップ以外にも保存できるって知ってますか?




特にオススメなのが、保存先をDropboxに変更すること!複数台のMac間で画像を共有することができてとても便利なんです。




Dropboxに置いておけば、自宅でも外出先でもブログ用の画像編集をしたり、更新作業ができます。そんなブロガー向けのTipsを紹介します。




【Macのスクリーンショットの撮り方とは?】




最初に、Macのスクリーンショットの撮影方法をおさらいしておきましょう。スクリーンショットは、Macのショートカットを使用して撮影します。




撮影の方法は、その撮影する画像のエリアによって2種類あります。下の画像を参考にしてください(´∀`)








「shift」+「command」「3」



「shift」+「command」「4」


【ターミナルを使わずに保存先を変更する】


Macの初心者であれば、ターミナルを使わずGUIで操作したほうが安全だと思います。初心者でも扱いやすいアプリを2つ紹介します。


1.TinkerTool


まず1つめは「TinkerTool」です。これは現在無料で提供されているアプリです。


インストール後、「一般」の設定でスクリーンショットの保存先を「カスタムフォルダ」に変更すると、好きな保存先をえらぶことができます。









2.Onyx







Onyxを起動したら「Parameters」を選択し、保存先となるPathの指定を「Dropbox」に変更するだけでOKです。


以上のようにターミナルを使わずに、カンタンにスクリーンショットの保存先を変更することができますよ!


これでMacのショートカットでキャプチャーしまくったブログ用画像も、ダイレクトにDropboxに飛ぶのでブログ更新の効率が飛躍的にアップすると思います。


【関連記事】


【初級編】Macビギナーのためのこれだけ覚えておけばなんとかなるショートカット12選





初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。











スポンサード リンク