スポンサード リンク

スポンサード リンク

【Flash不要】MacBook Air(Mid 2011)でChrome以外のブラウザでYouTube動画を見る方法

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加

 【MacBook Air(Mid 2011)はFlash非搭載】
 



MacBook Air(Late 2010)の発表以降、MacBook Airシリーズには、Adobe Flash Player が非搭載となりました(*1)。
  


ユーザーがFlashを必要とした場合、各自でAdobeのウェブサイトからFlashをダウンロードしてもらう形式となりましたが、個人的にはとりあえずFlashなしでも支障なく使用できています。
 


Flashがなければ見られないウェブサイト、YouTube動画などは「Google Chrome」があれば、Flashをインストールしなくても普通に見ることができます。
 
 

個人的にはMacBookAirにおけるYouTube動画の鑑賞に関して、Google Chromeメインで使用してきたのですが、今回SafariやFirefoxでもFlashなしでYouTube動画を見られる方法があったので備忘録として残しておきたいと思います。
 
 
 


【「HTML5 試用版」を有効にすればYouTube動画が見られる】
 





方法は簡単です。任意のウェブブラウザ(SafariやFirefoxなど)でYouTubeにアクセスします。下の画像のように、最下段にある「HTML5試用版を有効にする」をクリックします。







クリックした後「HTML 5 試用版が有効になっています」と表示されればOKです。あとは、HTML5に対応したYouTube動画を閲覧することができます。



私が試した感じだと、この設定だけで、全てのYouTube動画を見ることは難しいようです。
 


部分的に鑑賞できない動画もありますが、それでも結構見られる動画もありますので、FlashをインストールしていないMacBookAirでYouTube動画を見る機会がある方は、是非試していただきたいと思います。
 



【関連情報】


ジョブズからの手紙:Flash について(Engadget 日本版)

アップル、新MacBook Air のFlash外しに回答。全Macでプリインストール廃止へ(Engadget 日本版)



【備考】(*1)
故・スティーブ・ジョブズ元CEOによる「Thoughts on Flash」の表明からもわかるように、Flashはセキュリティの信頼性・安全性・パフォーマンスが乏しく、さらにバッテリーの浪費によってデバイスの駆動時間が極端に短くなることなど多くの問題が指摘されてきました。結果的に、AppleはFlashを切り捨て、MacBook Air(Late 2010)の発売以降、MacBook AirにはFlashは搭載されなくなりました。


 
スポンサード リンク