スポンサード リンク

スポンサード リンク

【Firefox向け】MacBook Air でFlashをインストールしてもバッテリーを浪費させない方法があった!

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加

【何だカンダ言ってもFlashがないと色々と不便】











つい最近、FlashをMacBookAirにインストールしました。




 『絶対にFlashだけは入れないでおこう』と心に決め、インストールを避けてきたのですが、『何だカンダ言ってもFlashがないと色々と不便だなー』と感じるようになり、インストールすることにしました。




特に不便を感じてしまうのが、YouTubeやGoogle Analytics。その都度、FirefoxからChromeに切り替えなければならず面倒でした。




ChromeはデフォルトでFlashが組み込まれているので、こういう問題も起きないのですが、FirefoxユーザーはFlashをインストールしなければなりません。




しかし、Flashを入れるとMacBookAirのバッテリーが2時間も減るらしいとのこと(関連記事:Flashで、バッテリー2時間減少:MacBook Airテスト)。






『FirefoxでYouTubeやGoogle Analyticsを使いたい』『でもバッテリーは減らしたくない』こんなジレンマを抱えていたのですが、最近、FlashのON/ OFFを制御できるFirefox用の便利なアドオンを見つけたので紹介します。






【これさえあれば、MacBookAirにFlash入れても怖くない】






 Firefoxに「Flashblock」というアドオンがあります。これをインストールすれば、Flashは基本オフ設定になり、必要な時だけ、Flashをオンにすることができる超便利なアドオンです。






使い方は簡単です。例えば、YouTubeの動画を見たい時は、画面上はデフォルトOFF設定なので、下の画像の真ん中の「f」マークをクリックすれば、動画を見ることができます。






Firefoxに、このアドオンをインストールしておけば、基本Flashはオフ設定なので、MacBookAirのバッテリーを浪費するのを防いでくれます。




実際に使ってみると、このアドオンのおかげなのか、それほど極端にバッテリー駆動時間が減ることはないかな?という感じです。





このアドオンのおかげで、Firefox環境がさらに快適になりました。興味のある方は是非、参考にしてください。






【それでもバッテリーが気になる時は...】





 


それでもMacBookAirのバッテリーが残量が気になる時は、HyperJuice × Magicbox の利用をオススメします。



HyperJuiceがあれば、どれだけFlashを使おうが、バッテリーが減ろうが、お構いなしに充電してくれるので、思う存分使えますよ!







 


スポンサード リンク