スポンサード リンク

スポンサード リンク

【備忘録】iOS5へアップデート後にiPhoneアプリが全く起動しなくなった時の対処法

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加


【iOS4→5へアップデート後に殆どのiPhoneアプリが起動できず】



iPhone 4Sが発売される前の話になりますが、iOS5がリリースされた直後、私はすぐにiOS4→5へアップデートしました。



アップデート作業自体は順調に終わったのですが、アップデート後にiPhone 3GSを起動すると、殆どのアプリが起動しないというトラブルに見舞われました。



なぜかアップル純正の「Safari」「メール」「時計」など、デフォルトでインストールされているものは問題なく使用できるのですが、その他のサードパーティーからリリースされたアプリは全滅でした。




『適当にアプリを削除して、再インストールすれば治るだろう』と、母艦のiMacにiPhoneを接続し、iTunesから幾つかのアプリを再インストールしてみましたが、症状は改善せず。




『どうしようかな...』と悩んでいたところ、たまたま適当に操作していたら、全てのアプリが正常復帰しました。




今後、iOS5→6へ移行時にも、同じ症状が出た場合の備忘録として残しておきたいと思います。






【購入済みアプリを1個DLしたら全て元通りに】



手順は簡単です。iPhoneを起動し「App Store」アプリを起動します。




次に「アップデート」→「購入済み」へと進み、適当なアプリを1個ダウンロードします。



 
ダウンロード後、何故かiPhoneの全てのアプリを元通りに使えるようになっていました。




実は、iPadをiOS5へアップデートした時も、同じ症状に見舞われたのですが、上記の操作を試してみたら、何故か全て元通りになりました。




何故、元通りになったのかは未だによくわかりませんw 
同じ症状に遭ったいる全ての方に適用できるかどうかはわかりませんが、とりあえずひとつの対処法として、参考にしていただければと思います。


 
 

スポンサード リンク