スポンサード リンク

スポンサード リンク

【ノマド】もうプリンタなんかいらない!出先で簡単に資料を作成する方法

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
 


【緊急指令!出先で急に資料を作らなければならなくなった】




 
 
先日、出先で仕事の資料を作らなければならない出来事がありました。
 


その急用が発生した時には、既に自宅を出て移動中だったのですが、出社する前になんとかして、その資料を作らなければならなくなりました。



限られた時間の中で、文書を作成するために、 色々な方法を考えましたが、MacBook Air とセブンイレブンのネットプリントがあれば、自宅や会社にいなくても、出先で資料を簡単に作れることがわかりました。


 
プリンターを持ち歩かず、プリンターがある自宅や職場にいなくても、仕事や勉強会、ミーティングで使う資料は作れます。実際に試してみてかなり便利でした。


 
個人的には年に数回程度、出先での緊急の資料を作成・修正する場面があるので、この方法を備忘録として残しておきたいと思います。


 
また、出先で仕事の資料を作る機会が多いビジネスパーソンの方にも是非参考にしていただければと思います。 

 
 



【まずは、作業場所を探そう】

 







まず、 作業をするための場所を見つけます。場所はカフェでもファミレスでもどこでもOKなのですが、ひとつだけ条件があります。それは、必ずセブンイレブンが徒歩1〜2分圏内にあるカフェ(orファミレスなど)を選びましょう。




後で詳しく説明しますが、資料をプリントアウトした後は、たいてい資料の誤字や脱字が必ずあるものです。もし、誤字や脱字を見つけたら、すぐに修正してプリントアウトできるように、セブンイレブンから近い場所のカフェ(orファミレス)を選ぶのがポイントです。




【MacBook Air で資料をPDF化する】






さあ、場所が決まったら集中して資料を作成しましょう。資料を作成するテキストエディタは、仕事で指定された書式を崩さなければWordでもPagesでも、どのアプリを使用してもOKです。




今回は急ぎの資料を作るというケースを想定しているので、タイプミスをしない使い慣れているアプリを使うと良いでしょう。




限られた時間の中で、とにかく必死に資料を作成します。作成した後は、そのテキストファイルをPDF化します。PDF化の方法は、Macユーザーであれば特別にPDF化アプリを持っていなくても、デフォルトで文書のPDF化をすることができます。



 
テキストエディタのメニューバーにある「ファイル」→「プリント」を順に選択し、上の画像にあるように「PDFとして保存」→「プリント」の順にクリックすれば、一瞬でPDFファイルの出来上がりです。



 

 【net printにPDFをアップロードしよう】







次に、下の画像のように、Webサイトの「net print」にアクセスし、PDFをアップロードします。



「net print」のWebサイトにアクセスしよう。






Webにアクセスしたら、ユーザー名とパスワードを入力してログインします。そして、下の画像のように「新規ファイルの登録」をクリックします。








そして、下の画像のように、用紙サイズ、カラーの有無、 暗証番号の設定など、必要に応じて設定してください。





 




最後に、PDFをアップロードすると、下の画像のように「プリント予約番号」が表示されます。この番号は、あとでセブンイレブン内にあるプリンターで出力する時に使用します。この番号は、手書きでメモっておくか、あとでメールでも通知されるので、必ずどちらかを控えておきましょう。










【PDFをアップロードしたら急いでセブンイレブンにGO!】






PDFのアップロードが済んだら、急いでセブンイレブンに向かいましょう。店内にあるプリンターを見つけ、下の画像にあるように「ネットプリント」をタップします。









下の画像のように、「net print」 でPDFをアップロードした時に控えた「プリント予約番号」入力します。暗証番号を設定した場合は、次の画面で暗証番号を求められるので、それも入力してください。









あとは画面の案内に従って、パネルを操作していけば無事にアップロードしたPDFを印刷することができます。これで無事に、全ての作業を終えることができます。



【最後に】


出先でプリンターがなくても、MacBook Air とネット環境があれば「net print」を経由して、緊急の資料を作成・修正をすることができます。この方法を知っておけば、いざという時に慌てることなく、仕事に取り組めるでしょう。




ちなみに、iPhone / iPad用それぞれに専用のアプリがリリースされており、iPhoneやiPad上でもほぼ同じ操作が可能となっています。
 


しかし、限られた時間で素早くミスなく資料を作る必要がありますから、入力系に弱いiPhone / iPadを使用するよりも、MacBook Airで資料を作成したほうが、効率的に作業を進めることができます。





料金はやや高めですが、これで仕事がうまく進められるのであれば、痛い投資にはならないはずです。



普段、多く利用することは少ないとは思いますが、いざという時の手段として、参考にしていただければと思います。








netprint App

カテゴリ: ビジネス

価格: 無料



netprint for iPad App

カテゴリ: ビジネス

価格: 無料





スポンサード リンク