スポンサード リンク

スポンサード リンク

HyperjuiceのMagicboxを上手に加工する方法

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
photo credit: kraen via photo pin cc




こんにちは!@torizoです。

前回のエントリーに続き、HyperJuiceをMagicbox化する方法を紹介します。ちなみに今回参考にさせていただいた記事は以下の通りです。



【参考記事】


MacBookが充電出来るHyperJuiceのMagic Boxの工作が完了 | 酔いどれオヤジのブログwp



HyperJuice Magic Box: 超強力バッテリ HyperJuice で MacBook さえも丸々充電可能にするキット! - AppBank



HyperJuice Magic Boxが到着!早速、加工してみた。 - jitto note




まず公式サイトからユーザーマニュアルをDLしよう




作業に入る前にHypershopの公式WebからユーザーマニュアルをDLしておきましょう。









STEP1:材料を確認しよう!





まずはHyperJuiceとMagicboxの外箱から確認していきます。上の箱がHyperJuiceで、何もプリントされていない下の白い箱がMagicbox。






HyperJuiceを開封すると、こんな感じ。






さらに開封すると、HyperJuice本体とコード類3種が入っていました。コードは結構ぐちゃぐちゃになって入っていました(笑)。







実は、この上の画像にあるコード類は、今回のオペでは一切使いませんので、箱にしまっておいてOKです。使うのは本体のMBP-60だけです。




STEP2:MagicBoxで使うものを確認しよう




Magicboxの箱を開けると、こんなアイテムが入っています。実際に使うものは、黄色で囲ったアイテムだけです。





【その他必要なもの】







Apple Magsafe 電源アダプタ(45W以上)を用意しておきます。手持ちのものか、別途購入して用意しておく必要があります。





STEP3:Magsafe電源アダプタ変換器の加工方法




まず、Apple Magsafe 電源アダプタのコードの根本から10cmのところをカットします。







次に、カットした側から2cmのところに印をつけて、







ケーブルストリッパーの一番奥の穴ではさんだまま、ケーブルストリッパーを握った手にゆっくり力を入れると、滑るようにケーブルの外皮が取れていきます。






ちなみに、この場合のケーブルストリッパーの使う穴は以下の画像にある部分です。






ケーブルの被膜を取るとケーブルの束が見えてきます。
中にナイロンのヒモがあるので、ハサミかカッターでカットしておきます。



ナイロンのひもをカットしたら、銀色の針金をよじって、束ねておきます。





今度は、真ん中の白いケーブルを端から1cmのところで、ケーブルストリッパーの手前から二番目の穴に挟んで、被膜を抜いていきます。





これがケーブルストリッパーの手前から2番目の穴です。









ケーブルの被膜を抜いたら、出てきた銀色の線を、よじって束ねておきます。ちなみに、真ん中の方の線がプラス極(赤)下に垂れている線がマイナス曲(水色)となります。






次に、Magsafe電源変換アダプタ器のケースを開けて、極を間違えないようにしながら、プラス極とマイナス極の線を入れていきます。









最後に、Magsafe電源変換アダプタ器の白いケースをはめると、こんな感じになります。これでMagsafe電源変換アダプタ器は完了です。






完成したら、MBP-60本体と接続してみましょう。実際に、Magsageアダプタを電源に接続して、緑色のランプがついたら成功です。











STEP4:Magsafe変換器の加工方法




Magsafe変換器の加工方法も、Step3とほぼ同じ方法です。






完成したら、Magsafe変換器とMacBook Air本体と接続してみます。Magsafe電源アダプタのランプが点灯していたら成功です。これで充電が可能になります。








ちなみに、今回のオペによって、Apple Magsafe 電源アダプタを加工してしまったため【自宅電源コンセント→Apple Magsage 電源アダプタ→MacBook Air】という下の図のようなノーマルな使い方ができなくなってしまいました。






そんなわけで、予備としてもう1個、Apple Magsafe 電源アダプタを購入しておくと良いかもしれません。(ヤフオクとかであれば、安く売ってますしね)


一応、以下の画像のような接続方法であれば、電源コンセントからMacBook Airに充電することも可能ですが、少々ケーブルがゴチャゴチャしてしまう印象があります。










これなら、もう1個予備の電源アダプタを購入して、充電したほうがスマートだと思います。




さいごに



HyperJuiceがあれば、バッテリー時間の短いMacBook Airでも、電源を気にせず、どこでも自由に使うことができます。


バッテリー時間の短さに困っている方は、是非参考にしていただければと思います。


【免責事項】



当ブログにおける各種情報の利用により生じたあらゆる不利益、損害などに関して、当方は一切の責任を負いません。 自己責任でお願い致します。



初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。









スポンサード リンク