スポンサード リンク

スポンサード リンク

【個人情報防衛】GPSPhotoLinkerでジオタグ消去

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加



【iPhone/ iPod Touchの設定「位置情報サービス」オンでジオタグが追加される】


ブロガーの方であれば、もう既にご存知の方が多いと思いますが、iPhoneやiPod Touchの【設定】から「位置情報サービス」を【オン】にすると、撮影した画像に位置情報が書き込まれ、撮影した場所が記録されます。




このジオタグが書き込まれたJPEG画像をそのまま、ブログや投稿掲示板にアップロードすると撮影した時間や場所などがすぐに判ってしまいます。


不要な個人情報を流出させたくないばには、前もって使用するアプリの位置情報を【オフ】にしておくか、もしくは撮影後の画像からジオタグを削除する作業が必要になってきます。


ジオタグを消す方法は2つあります。



【PNGに変換すれば一発でOK】

 
1つ目の方法はJPEG画像をPNG形式に書き出すこと。これでジオタグは付加されず、位置情報は全て消えます。超簡単です。

MacBookで操作するなら「プレビュー」を起動し、「ファイル」から「書き出し」を選択後、フォーマットを「PNG」に変換すればOKです。






2つめの方法は、専用のアプリを使ってジオタグを消す方法があります。


【Macでジオタグ削除するなら「GPSPhotoLinker」がオススメ!】


GPSPhotoLinker



Macでジオタグを削除するなら、OS X Lionにも対応したフリーアプリ「GPSPhotoLinker」がオススメです。とても簡単にジオタグを削除できます。操作方法は画像の説明をご覧ください。
 










iPhoneでジオタグを削除するなら「Geotag Editor」がオススメです。以下のように操作すれば、すぐに削除することができます。




Geotag Editor App

カテゴリ: 写真

価格: ¥85






本当にジオタグが消えたかどうか心配な場合、iPhotoに取り込んで、左のサイドバーにある「撮影地」を確認してみましょう。


マップに撮影した場所が表示されなければ、成功です。


 
スポンサード リンク