スポンサード リンク

スポンサード リンク

Easy Timeline で自分のMacユーザー歴を振り返ってみた

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加


【3D年表アプリ「Easy Timeline」がリリース】







BEEDOCS社から、Mac App Storeで、
3D年表アプリ「Easy Timeline」がリリースされていました。


以前から同社よりリリースされている「Timeline 3D」に興味があり、購入しようかどうか迷っていましたが、$19.99 USDと比較的安価で購入できることもあり、試しに購入してみました。




3D年表アプリ「Easy Timeline」とは?








元々、弁護士など専門家向けにリリースされていた「Timeline 3D」ですが、一般ユーザー向けに機能を限定し、低価格版としてリリースされたのが「Easy Timeline」です。


両方とも、タイムラインに画像、動画、オーディオを貼り付けることができ、美しく立体的な年表を簡単に作ることができます。


2つのアプリの違いは、プロ版である「Timeline 3D」には、
iCal, Apeture, iPhoto, OmniFocus , Skitch など、多くのアプリからイベントをインポートする機能が備わっているようです。


また「Timeline 3D」は、YouTubeやKeynote,ウェブサイトなどにもタイムラインを公開する機能がありますが、「Easy Timeline」はPDF書き出し機能に絞られているようです。




【自分のMacユーザー歴をタイムラインで振り返ってみた】




試しに、自分のMacユーザー歴を簡単に振り返ってみました。ユーザー歴はあまり長くありませんが、こうして振り返ってみると、かなりどっぷりとMacに浸かっているなーと思いました。





この上の画像は、タイムラインを俯瞰したものです。下の画像から、初Macから現在までを順を追ってみたいと思います。



 【2005年】

私の初MacはiBook G4でした。思い返すと、あまり使いやすいとはいえませんでしたが、白筐体のコンパクトなデザインはかなり好きでした。


【2007年】





 2台目のMacは、社会人になってから購入したMacBook Pro。


【2008年】


3台目は、初代MacBook Air。



iPhone 3Gは表参道で徹夜して購入しました。



【2009年】



初めてデスクトップのiMacを購入。


初のSSDのMacBook Air を購入。



そして、iPhone 3GS。今も使っています。



一年も経たないうちに、Core i7搭載のiMacに買い換え。


【2010年】


革新的デバイスiPadの登場。Wi-Fi版を購入。



11インチ MacBook Airを購入。


Mac mini でサーバー構築に挑戦。


iPod nano で音楽を聴いてもらいたくて、iPodに馴染みのない家族・親類に配りまくりました。そして、全員がiPodの虜に。


【2011年】


iPad2 を海外から個人輸入で購入。



Core i7搭載のMacBook Airを購入。現在も使用。



 そして、開発用端末としてのiPod touch。
こうして振り返ると、
短い年月で多くのMac, iPhone , iPad が登場したんだなと思います。良い時代に生まれて、多くのアップルデバイスと出逢えて本当に幸せだと改めて思いました。


これからもずっと、アップル製品を使い続けていこうと思います。




スポンサード リンク