スポンサード リンク

スポンサード リンク

3日坊主にならないDropbox 家計簿術

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dropboxで複数Mac間での家計簿データを同期するには?】

 


私はSquirrelという家計簿アプリを使用して家計簿をつけています。Squirrelは複数Mac間で同期できないため、1台のMacでしか使用できません。

そこで、Dropboxとターミナルを使って複数Mac間での同期環境を作ってみました。実験的にやって何とか成功しているだけなので、結果的にどんな損害を被っても責任は持てません。あくまでも自己責任でやってください。

この方法で2年間家計簿をつけていますが、今のところトラブルはありません。同期環境を構築した時の記憶を辿って、備忘録として残しておきたいと思います。


Dropboxを使うメリットとは?】

 


Dropboxにデータを保存するため、MacHDDが壊れても安全にバックアップできる。
・複数のMac間+iPhone(現在iPhone版は配信停止? Ver2.1で配信再開の模様)でデータを同期できる。
・MacとiPhoneがあれば、どこでも入力・参照ができる。


【用意するもの】




7513BCB1 EC41 4435 93E5 8D517F60AD2B

【作り方】



3DD8ACEF D718 45E6 9468 357E55BB438D



【ターミナルを使ったシンボリックリンクの作り方(1台目)】

 


  • 1台のMacにSquirrelをインストールする。
  • 【ライブラリ】→【Application Support】にある【Squirrel】フォルダを根こそぎ、Dropbox内へ移動させる。
  • ターミナルで下記のコマンドを打ち、シンボリックリンクを張る。
 ln -s ~/Dropbox/Squirrel ~/Library/Application\ Support/Squirrel

  • これで1台目のMacの設定は終わり。


【2台目のMacの設定】

 


  • 2台目のMacにSquirrelをインストールする。
  • 【ライブラリ】→【Application Support】にある【Squirrel】フォルダを削除する。
  • ターミナルで下記のコマンドを打ち、シンボリックリンクを張る。
ln -s ~/Dropbox/Squirrel ~/Library/Application\ Support/Squirrel

  • これで2台目のMacの設定は終わり。これで複数Mac間の環境が整いましたよ。


【長期的な継続のコツはスキマ時間だけで済ますこと】

 


これで複数Mac間で家計簿データを同期する環境は整いました。あとはコツコツと入力していくだけです。

スキマ時間で入力しておけば、あとでまとめて入力する手間も省けますし、苦にならず長期的に継続できると思います。


スポンサード リンク